地面の健康診断|平板載荷試験を行なう意味

工事

業者との話し合いが大切

地質調査とは、地質の状態を詳しく調査して建築等に向いているかどうか判断する作業のことです。地震への備えの他、地下資源の調査にも役に立ちます。土地によって適した調査法が異なるため、事前に専門の業者と十分に話し合って作業を進めてもらうことが大事です。

地盤改良

将来安心出来る家

地盤調査の大切さは家にもしもの事態が起こった場合気づくかも知れませんが、家の場合はその「もしも」は命取りになるため省く事は出来ない重要項目として頭に入れておかなくてはいけません。将来安心して住める家にするためには調査を行い土地の状態に合った基礎を作りましょう。

建物を建てるために必要

作業者

非常に大切な試験です

建物を建てる際に地盤を確認するのは本当に大事なことです。地盤の安全性を確認するための試験はいろいろありますが、平板載荷試験は非常に有効な試験になります。鋼鉄製の円盤を油圧で地盤に押し付けることで荷重に関して調べる試験です。地盤に直接荷重を掛けるために非常に信頼性の高い試験です。建物を建てるためには地盤の状態を十分に調べておく必要があります。実際にどのくらいの沈下がみられるのかを調べて沈下量を確認していきます。その数値は信頼性があって大きな構造物を建設する場合にはなおさら重要になってきます。実際に地盤の重要性は近年の震災などでも確認されています。地震だけではなくゲリラ豪雨などの対策としても重要です。そういうこともあり人気になっています。

試験の仕方は重要です

平板載荷試験は非常に大切な試験ですが、試験の方法には適切な手順があります。地盤に接地させる部分は大きいほうが荷重は十分にかかりますが、出来るだけ小さいもので試験をするほうが楽な部分もあります。しかし大きさが違っていると正確な計測が出来ないということもあり、接地する部分の大きさは決まっています。平板載荷試験は荷重を掛けてどのくらいの地盤の安定性があるかを調べる試験になります。平板載荷試験を行うことの意味はどのくらいの深さまで安定した地盤であるかということが大切です。それを調べるためには平板載荷試験を正確を行う必要があります。方法には細かい決まりがあるので事前に十分に確認してから行うことが大切です。

工事現場

地震の災害対策

東北大震災後地盤強化のために液状化対策を取るのが人気です。行政が液状化対策のアドバイザーを創設したり、対策しても日常生活に支障が殆どないのが液状化対策の人気の出た理由です。事前対策や液状化現象について正しく理解することが大切です。